So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

白髪染めトリートメントは本当に染まらない? [白髪染め]

今回は白髪染めのお話です。

中でも賛否両論ある白髪染めトリートメントについて。


白髪を染める際に使用する一般的な白髪染めは、永久着色剤と呼ばれ一度染めた部分は元に戻りません。

とは言っても時間の経過とともに最初はきれいだった色があせるため、染めたままのきれいな色を保つことができないのです。


永久着色剤は、手軽で安いため多くの人が使っていますが、頻繁に使用することで頭皮や髪の健康に悪影響が出てしまいます。

ですから、その悩みを解決できるトリートメントタイプの白髪染めを選ぶ人が急増しています。

最近では、ネット通販を中心に様々な種類の白髪染めトリートメントがあり、どれを選んだら良いのか分からなくなるほどです。


しかし、この白髪染めトリートメントに対するイメージは「染まらない」「高い」というものが多く、頭皮と髪には良くてもきちんと染まらないのでは・・と思っている人がほとんどかもしれません。

確かに、ドラッグストアやスーパーで売られている1000円程度の白髪染めトリートメントで染めても、全く染まらないかほんの少し染まった程度の効果しかありません。

安いものにはそれなりの効果しかないのは仕方がないのです。


最近人気のPOLAのグローイングショットカラートリートメントなどは、白髪染めトリートメントでもかなりしっかり色が入るものが多く、信頼できる商品を選ぶことが大切だと分かります。

polaグローイングショット


このように、白髪染めトリートメントは全て染まらないのではなく、なかには染まりにくいものもあると言うことなのです。


染まらない原因



それでは、白髪染めトリートメントのなかには染まらないものがあるのはなぜでしょう?

元々しっかり染まらないものなのでしょうか・・・

染まるものと染まりにくいものを比べると、成分に違いがあります。

しっかり染まるトリートメントにはその製品、メーカー独自の特徴があり、白髪にしっかり色がつく成分が含まれているのです。


例えば、POLAのグローイングショットカラートリートメントには、大きさの異なる2種類のカラー成分が配合されています。

浸透型のカラー成分が毛髪の内部に入り込み鮮やかに発色し、吸着型のカラー成分が毛髪の表面をコーティングしてくれることで、重ねるたびに色が深く入っていくのです。


このような優秀なカラー成分を配合しているのかを調べてみると、本当にしっかり染まる白髪染めトリートメントを選ぶことができるはずです。

ポーラグローイングショットの詳細は=http://www.hairdye-treatment.net/pola-growing-shot.html

また、白髪染めトリートメントは永久染色剤ととは違い、一回の使用でしっかり染まるものではありません。

使うたびに少しずつ色が入るのがトリートメントの特徴で、良さでもあるのです。

ですから、初めて使用して「染まらない!」と諦めるのではなく、1週間使い続けてください。

その後は間隔をあけて使用できますが、最初は頻繁に染めることで早く色が入ります。


しっかり染めるためには?



白髪染めトリートメントの効果を最大限に発揮させるためには、どのような方法で染めたら良いのでしょうか?

商品によって放置時間が違いますが、最初はそれよりも少し長めがしっかり染めるコツなのです。

一回の使用ではさほど色が入っていないと感じますが、最初はなるべく連日使用し色が入ったら間隔をあけるようにすると、常にきれいな髪色をキープすることができます。


また、トリートメントはたっぷり塗ることが大切で、ヘアキャップをかぶり浴槽に浸かることで、蒸気の効果で色が入りやすくなります。

ついケチってしまいがちですが、染色成分が足りないと何度染めても色が少ししか入らないのです。


白髪染めトリートメントを洗い流した後は、絶対にシャンプーをしてはいけません。

色が残るからとシャンプーを使ってしまうと、せっかくの成分が取れてしまうので、トリートメント後は色が出なくなるまでしっかりお湯ですすぐだけにしましょう。

ヘナやヘアマニュキュアを使用してると、染まりにくいのでトリートメントとの併用はできません。


このように、白髪染めトリートメントもちょっとしたコツを知るだけで、その染まり具合がグンとアップするので覚えておきましょう!


nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

自分に合ったシャンプーの選び方 [ヘアケア]

DSC_0271.JPG

きれいな髪のモデルさんが宣伝するシャンプーを使うと、自分も同じようになれるような気がしませんか?

本当は、そのシャンプーを実際に使っているわけではなく、きれいな髪に見えるように色々な技法を使っているのです。

それが分かっていても、やはり惹かれてしまので不思議です。


今使っているシャンプーが自分に合っていると感じている人はどれくらいいるでしょう?

その成分や効果、頭皮や髪にどのような影響があるのか考えることなく、先ほどのように好きな女優やモデルさんがCMに出てると言う理由だけで選んでいるかもしれません。

若いころは、どのようシャンプーを使ってもそれほど違いが出なくても、年齢と共にシャンプー選びの大切さや実感することになります。


間違ったシャンプーを使うと、毛穴が詰まったり、皮脂が過剰に分泌されるなど様々な頭皮トラブルが起こる可能性があります。

シャンプーによって、ボリュームが出たり出なかったり、べたついたりサラサラになったり、髪の状態を左右する大切なものです。

もっと、自分が使うシャンプーに興味を持ち、本当に合ったものを選ぶようにしましょう。

そうすることによって、抜毛や薄毛を防ぐことができ、ボリュームのある若々しい髪をキープすることができるのです。


毎日シャンプーをした方が抜け毛が予防できる?



シャンプーの回数をなるべく減らした方が良いという専門家もいれば、毎日しっかりシャンプーをした方が良いと言う人もいます。

どちらも理由があるようですが、実際はどちらが正しいのでしょうか?


実は、毎日シャンプーした方が良い人もいれば、2日に1回で十分な人もいるのです。

それは、人それぞれ頭皮環境が異なり、肌と同じで乾燥する人もいれば皮脂が多い人もいるからです。

頭皮の乾燥が激しい人が毎日洗浄力の強いシャンプーでしっかり洗うと、どんどん乾燥が進行し頭皮環境が悪化してしまいます。

逆に、皮脂量が多い人が1日でも洗わないと、毛穴が詰まったり痒みが出てしまいます。


このように乾燥やベタつきが進行すると、頭皮環境が悪化し表皮のターンオーバーが乱れてしまうのです。

それによってヘアサイクルまでくるってしまい、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

ですから、常に頭皮に乾燥やべたつきがない健康的な状態に保つことが大切なのです。


毛穴の汚れや皮脂をすっきり洗い流すことで抜け毛が減る印象がありますが、それは皮脂の分泌量が多い人だけに当てはまる話です。

普通の人が皮脂を取り除くタイプのシャンプーを使い続けると、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

自分の頭皮の状態に合っていないと、どんなに良いシャンプーでも効果は出ないどころか、逆に悪化させてしまうのです。


なぜ抜け毛予防にシャンプー選びが大切なのか


自分が使っているシャンプーが原因で抜け毛が悪化していると考えてことはあるでしょうか?

長年使っているシャンプーだから大丈夫、刺激が少ないから大丈夫と思っている人が多いはずです。

特に自分好みの洗い上がりや香りのシャンプーを長年使い続けている人は、今までなんのトラブルもなかったのだから大丈夫だと考えるのは当然です。


しかし、シャンプーが直接の原因ではなくても、生活習慣や食生活、ストレスやホルモンバランスの乱れによって頭皮環境が悪化しいる場合は、今使っているものが合わない可能性があります。

頭皮は健康な時は調子が良くても、悪化していることに気づかずに使い続けるのは危険です。

皮脂バランスや頭皮の環境に合ったシャンプーを使わないと、抜け毛が薄毛が進行してしまうかもしれません。

薄毛の進行度合いはシャンプー時に大体わかります。こちらもご覧ください=http://www.nukege.click/

一般的なシャンプーにはシリコンが含まれています。

これが髪の艶や指通りの良さを作る成分ですが、化学合成されているため、髪と頭皮には決して良いものではありません。

シリコンを含むシャンプーを長年使い続けることで、毛穴に蓋を作ってしまいます。

それによって毛根に十分な栄養が届かず抜け毛が進行してしまのです。

シャンプーそのものが抜け毛の原因になっている可能性も十分に考えられるので、ノンシリコン、無添加、アミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめします。
タグ:シャンプー
nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

エルセーヴ リスインテンスオイルエッセンスのレビュー&激安情報 [ヘアケア]

DSC_0007.JPG


髪の毛の酷いダメージが気になっている人は、洗い流さない美容液で集中ケアをしてみてはいかがでしょうか。

特に冬などの乾燥しやすい季節には、髪の毛のうるおいが失われて、パサパサとしていて絡まりやすい髪の毛になってしまいます。

エルセーヴのリスインテンスオイルエッセンスなら、洗い流さない美容液でサラサラの髪の毛を取り戻すことができます。


エルセーヴのリスインテンスオイルエッセンスには、ニュートリレアムという保湿性なめらかオイルが配合されています。

ニュートリレアムが髪の毛の奥深くまで浸透していくことで、サラサラでなめらかな髪の毛へと変えていくことができます。

オイルエッセンスではありますが、ベタつかないので快適に使えるでしょう。

実際にリスインテンスオイルエッセンスを使っている人は、何度もブリーチをかけた髪の毛でもサラサラになったという口コミを投稿しています。

髪の毛の状態に合わせて、プッシュ数で使用する量を調節できるのも良いみたいです。

ヘアウォーターなどの使用ではどうすることもできないほどのダメージを受けている髪の毛は、洗い流さない美容液で集中ケアをしていきましょう。

最安値↓



nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

小顔に見えるヘアスタイル [美容]

生活の中で顔がゆがむ原因があります。

例えば・・・

・頬杖
・片方の歯だけで噛む
・姿勢が悪い
・同じ肩にカバンをかける

思い当たることはありませんか?

これらを改善するだけで、かなり変化を感じるはずです。

顔に歪みが出ている人は、体にも歪みがあると言われています。

それが原因で、肩こりや頭痛、血行不良が生じている可能性がありますので、これを機に全身の歪みを解消してはいかがでしょうか?


とは言え、長年の歪みをすぐに解消できるものではありません。

徐々に解消されるまでの間、小顔に見えるヘアスタイルを研究してみてはいかがでしょう?

0228794a970d96eb1d44f6223c3c1ed3_s.jpg


女性は前髪の長さや量だけでも、顔の大きさが違って見えます。

例えば、頬骨に歪みが出ている場合は、ミディアムボブで顔のラインに沿ったものがおすすめです。

髪が長い人はアイドルカットと呼ばれる触角のように前髪の端を伸ばすヘアスタイルが小顔効果抜群です。

これは、驚くほど顔が小さく見えるので、是非やってみてください。


流行りのヘアスタイルを楽しみたいものですが、顔が大きく見えるものはNGです。

自分の顔の歪んでいる部分や大きさ、形を知ることで隠す部分と出す部分が分かってくるはずです。

自分に合ったヘアスタイルを見つけて小顔効果をアップさせましょう!
nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ラックス 美容液スタイリングふんわりエアムーブフォーム [ヘアケア]

DSC_0003.JPG


ラックスの美容液スタイリングシリーズは、スタイリングを楽しみながら髪の毛をケアできる商品です。

髪の毛のアレンジを楽しみたいけれど、ダメージを与えてしまうのではないかと不安に思っている人は多いでしょう。
毎日ドライヤーやヘアアイロンを使っていると、髪の毛にダメージを与えてしまいます。

ラックスの美容液スタイリングシリーズには、ホホバオイル・アロガンオイル・メドウフラワーパールなどの有効成分が配合されているので、髪の毛のスタイリングをしながらケアもできるのです。

DSC_0005.JPG


美容液スタイリングシリーズには、メリハリウェーブ・ふんわりエアムーブ・スーパーハード&キープ・ゆるやかウェーブの4種類のスタイリングフォームがあります。

自分が楽しみたいスタイリングに合わせて、スタイリングフォームを選べます。
ふんわりとフェミニンな雰囲気のスタイリングを楽しみたいときには、ふんわりエアムーブフォームを選んでみましょう。

ゆるやかなパーマをふんわりとした状態でキープできますし、軽いイメージで髪の毛にボリュームを与えます。

せっかくスタイリングをしたのに、髪の毛がすぐにぺたんこになって悩んでいる人は、ふんわりエアムーブフォームを使ってみましょう。



nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

TSUBAKI ヘアウォーターダメージケア [ヘアケア]

DSC_0011.JPG


髪の毛のダメージが酷くて悩んでいる人は、ヘアウォーターでケアをしてみましょう。

TSUBAKIヘアウォーターダメージケアは、朝・昼・夜のいつでも使えるほど軽くて、サラッとしているヘアウォーターです。

朝は寝癖直しに、昼はうるおい補給に、夜はダメージケアとして使用できます。

TSUBAKIヘアウォーターダメージケアに配合されている「浸透ナノ補修オイル」で、髪の毛の繊細なダメージを見逃さずにしっかりと補修していきましょう。


髪の毛が普段からしっとりとしている人は、ヘアウォーターを使うことで髪の毛がベタついてしまうのではないかと不安に思うかもしれません。

TSUBAKIヘアウォーターダメージケアの場合には、「さらさらタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類のヘアウォーターが用意されています。

自分の髪の毛の質やダメージの状態に合わせてタイプを選べるので、ヘアウォーターを使うことで髪の毛がベタついてしまう心配がありません。

DSC_0013.JPG


また、朝・昼・夜のどのタイミングで使いたいのか、1日にどれぐらいの頻度で使いたいのかによって、さらさらタイプとしっとりタイプを選ぶと良いでしょう。

髪の毛にしっかりとうるおいを補給して集中的にダメージケアをしたい場合には、しっとりタイプを選ぶと良いでしょう。

最安値↓


nice!(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

髪の傷みがひどい!そんなときには切るしかない? [ヘアケア]

パーマやヘアカラーを繰り返したり、強い紫外線を長時間浴びる生活をしていると、どうしても髪が傷んでしまいます。

特に強い薬剤を頻繁に使っていると、髪はボロボロになり修復できない状態になってしまうのです。

傷んだ髪は艶がなくなり、まるで藁のようなパサパサの質感と、抜けたような汚らしい色になってしまいます。

どんなにきれいに着飾っていても、髪がボロボロだと老けて見えたり安っぽいイメージを与えてしまうので、とても損をすることになります。

0057edf0b7e3018637f429c1f3ccc3c2_s.jpg
そんな傷んでしまった髪は思い切って切るしかないのでしょうか?

切った方が良いなんて簡単に言いますが、長い髪を短く切ることは女性にとって、とても勇気がいることです。

長い間、ロングヘアーがお気に入りで自分のイメージが定着している場合も多く、簡単に切る決心がつかない人も多いのではないでしょうか?


最近は、効果的なトリートメントやパックもあるので、それを定期的に行うことで髪は蘇るのでしょうか?

専門家は、髪は死んだ細胞なので一度傷んでしまうと、二度と元には戻らないと断言していました・・

と言うことは、やはり切るかそのままごまかして生活するしかないのかもしれません。


もちろん、そうならないために最初からケアしておけば良かったのですが、傷んでしまってから後悔しても仕方がありません。

本当に、傷んだ髪を切らずにキープできる方法はないのでしょうか?


髪が傷む原因と症状



髪が傷む原因は様々で、パーマやカラーを頻繁に行っていない人でも、ひどい傷みに悩む場合もあります。

元々、髪が細い人や弱い人は特にちょっとしたことで髪に負担がかかってしまうのです。


パーマやカラー以外で髪が傷む原因とはどのようなことがあるのでしょう?

・強い紫外線によるダメージ

・髪が濡れたまま寝ることによる摩擦

・髪や頭皮に合わないシャンプーやリンス、整髪料

・ドライヤーを長時間かけたり、ヘアアイロンの使い過ぎ

・暖房や冷房による乾燥

・髪が塗れた状態でのブラッシング

・栄養の偏りやダイエット


思い当たることがある人も多いのではないでしょうか?

毎日の生活の中で、当たり前のようにやっている行為が髪を傷めている可能性があるのです!

パーマやカラーは髪を傷めるからなるべく避けている人でも、ここまでは気を使っていない可能性があります。

自分の生活を見直すことで髪の傷みを最小限に抑えましょう!


傷んだ髪を改善する方法


傷んだ髪は思い切って切るしかない!今まではそれが当然だと思われていましたが、最近は色々なケア用品開発され、元通りまでならないまでも、かなり傷みを改善することができるようになったそうです。

その方法とはどのようなものでしょう?


やはり髪は死んだ細胞なので、それ以上になることはないそうです。

つまり、一度傷んだ部分が自力で再生したり、修復することはないのです。

しかし、傷んだ髪に有効な成分を補い、見た目を改善したかのように見せることは可能で、その技術は進歩しているのです。


髪の傷みにはたんぱく質が不可欠です。

そのたんぱく質を補いバランスを整えるために、アミノ酸が有効だと言われています。

それに着目したヘアパックやトリートメントが受けられる美容室も多くなり、かなり傷みが激しく何とかしたい人は、定期的に受けると良いかもしれません。

89da802643da991513dba8baaade8982_s.jpg
また、毎日のヘアケアでもこのアミノ酸が含まれるシャンプーやリンス、トリートメントを使うことで、傷みが徐々に気にならなくなります。

最近は、このような傷んだ髪に働きかけるタイプのケア用品が開発されているので、もっと効果的なものが出てくると言われています。

とは言っても、完璧に改善することは決してできないので、これ以上傷まないように予防することも大切なのです。

nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

今やドライヤーは髪を乾かす道具ではない!そのすごい性能とは? [ヘアケア]

最近は空前のドライヤーブーム。

日本に観光に来る外国人も、日本製のドライヤーをお土産に購入している人が多いとか!

数万円もする決して安くないドライヤーをわざわざ日本で買うのは、他とは違う良さがあるからではないでしょうか?


私にとってドライヤーとは、髪を洗った後に乾かす道具でしかありません。

たまに髪をセットするときに使うこともありますが、新しいものを選ぶ基準は風の強さです。

私も娘も髪が長いので、風量が弱いとなかなか乾かないからです。

数年前購入したドライヤーは、マイナスイオンが出るタイプで、昔のものに比べると多少髪が傷みにくくなったような気がします。


しかし、今話題のドライヤーは、マイナスイオンどころではなく色々な性能がついていて、ドライヤーは髪を乾かすだけの道具ではなくなっているのです!

多くのメディアで取り上げられて人気に日がついたヘアビューザーは、髪を乾かすと言うよりも髪質を変え、なんと肌に張りを与えることもできるすごいドライヤーなのです。




芸能人やモデルさんがブログで紹介するほど、一度使ったら手放せないものになるそうです。


私も今のドライヤーが壊れたら使ってみたいと思いますが、ちょっとお値段が・・

ドライヤーに数万円なんて高い気がしませんか?

しかし、使うほどに髪をしっとりつやつやにしてくれ、美顔器のようのリフトアップできるのであれば、決して高くはないと言うのが、実際に使った人の感想です。


なぜドライヤーで髪質が変わる?



ヘアビューザーを使うたびに髪がつややかでしっとりまとまりやすくなると言われていますが、本来髪を乾かすだけの機械になぜそのような効果があるのでしょう?

その秘密は、バイオプログラミング技術にあるそうです!

ちょっと難しすぎて素人には分からない技術ですが、バイオプログラミング技術によって髪の細胞を活性化させることができるため、うるおいが蘇るのです。

これは肌も同じで、風を肌にあてることで肌の細胞が活性化され、きめが整いリフトアップするのです。

なんだか、ものすごい技術だと思いませんか?


もちろん、健康な髪に不可欠な頭皮にも効果があり、乾燥が気になる頭皮もしっとりつややかで、血行も促進されるため抜け毛や薄毛にも効果がありそうです。


このように、ドライヤーはもはや髪を乾かしながら髪や頭皮、肌までもケアできるマルチな機械へと変わりつつあるのです!

どうせ購入するなら、性のが良いドライヤーの方が髪や肌のケアに必要なお金が節約でき、逆にお得かもしれませんね。

↓人気No.1!


nice!(27)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

主婦のヘアスタイル [ヘアケア]

214121.png

主婦は出かけることが少ないと思われていますが、一日中家にいる日などほとんどありません!

買い物や子供の送迎、ママ友とのランチや学校行事・・意外と人前に出ることが多いのですがヘアスタイルを気にせずボサボサのままなんて人もいますね。

外で仕事をしている人は身だしなみには気を使うものですが、主婦は自分のことが後回しお金をかけたくないという意識も働くため美容室に行く回数がかなり少ないはずです。


そんな主婦のヘアスタイルはセミロングからロングが一番多いような気がします・・

ボブやショートは定期的に美容室でカットしないとそのスタイルをキープできないため数か月放置しても問題ない長さが一番楽なのです!

髪が短い方が洗うのも乾かすのも楽で良いと思われがちですが、朝起きたときに寝癖を直すのがとても大変でごまかしがきかないのが主婦向けではないのかもしれません。

長い髪はボサボサの時は一本に結んだり帽子をかぶることでごまかせるのでママ友の髪型はみんなセミロング以上ですね~

そんな私もいつもセミロングで家事の時は結び、お出かけの時は毛先だけヘアアイロンでカールをつけたりストレートにしたり、色々なヘアスタイルを楽しめるので気に入っています。

nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

バレリーナの髪はなぜあんなに美しいのか?その秘密とは・・ [ヘアケア]

娘が通うバレエ教室には大人から子供まで、たくさんの生徒さんがいます。

それに加えて、発表会が近づくと、ゲストダンサーとして出るプロのバレリーナが練習も参加するようになります。


彼女たちは普段から背筋がピンとしており、まっすぐな姿勢でキラキラ輝く黒髪をなびかせて教室にやってきます。

そんな姿を見ていると、娘は踊っている姿だけではない、女性としての美しさに憧れを抱くようです。

a73b9b6c01936f1be4c4e44092c04c1b_s.jpg

しかし、バレエは常に髪をアップにしジェルで固めなくてはならないので、シャンプーも毎回しっかり行います。

一見、髪が痛みそうな気がしますが、誰もパサパサの人はおらず、年配の先生までもがつやつやの黒髪です。


とても不思議に思い、仲良くなった某有名バレエ団所属の先生に聞いてみたのです。

すると、ほとんどのバレリーナは3歳4歳ころからバレエを始め、友達がパーマをかけたり髪を染め始めても、それができません。

常にきれいな黒髪をキープすることもバレエには必要なので、逆にそれが髪や頭皮を傷めずに済んだそうです。

確かにそうですよね!茶髪やクルクルパーマのバレリーナはいませんよね。


それにプラスして、小さなころから良いブラシを使っていることも髪をきれいに保つためのコツだそうです。

先生からも本物の毛を使ったブラシを使うように指導されていますが、それは単にセットしやすいだけではなく、髪を傷めずきれいに保つ意味もあったようです。


バレリーナに限らず、艶のあるきれいな髪を保つには、毎日のケアに使うブラシにも気を使わなくてはなりませんね。

nice!(26)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | -