So-net無料ブログ作成

髪の傷みがひどい!そんなときには切るしかない? [ヘアケア]

パーマやヘアカラーを繰り返したり、強い紫外線を長時間浴びる生活をしていると、どうしても髪が傷んでしまいます。

特に強い薬剤を頻繁に使っていると、髪はボロボロになり修復できない状態になってしまうのです。

傷んだ髪は艶がなくなり、まるで藁のようなパサパサの質感と、抜けたような汚らしい色になってしまいます。

どんなにきれいに着飾っていても、髪がボロボロだと老けて見えたり安っぽいイメージを与えてしまうので、とても損をすることになります。

0057edf0b7e3018637f429c1f3ccc3c2_s.jpg
そんな傷んでしまった髪は思い切って切るしかないのでしょうか?

切った方が良いなんて簡単に言いますが、長い髪を短く切ることは女性にとって、とても勇気がいることです。

長い間、ロングヘアーがお気に入りで自分のイメージが定着している場合も多く、簡単に切る決心がつかない人も多いのではないでしょうか?


最近は、効果的なトリートメントやパックもあるので、それを定期的に行うことで髪は蘇るのでしょうか?

専門家は、髪は死んだ細胞なので一度傷んでしまうと、二度と元には戻らないと断言していました・・

と言うことは、やはり切るかそのままごまかして生活するしかないのかもしれません。


もちろん、そうならないために最初からケアしておけば良かったのですが、傷んでしまってから後悔しても仕方がありません。

本当に、傷んだ髪を切らずにキープできる方法はないのでしょうか?


髪が傷む原因と症状



髪が傷む原因は様々で、パーマやカラーを頻繁に行っていない人でも、ひどい傷みに悩む場合もあります。

元々、髪が細い人や弱い人は特にちょっとしたことで髪に負担がかかってしまうのです。


パーマやカラー以外で髪が傷む原因とはどのようなことがあるのでしょう?

・強い紫外線によるダメージ

・髪が濡れたまま寝ることによる摩擦

・髪や頭皮に合わないシャンプーやリンス、整髪料

・ドライヤーを長時間かけたり、ヘアアイロンの使い過ぎ

・暖房や冷房による乾燥

・髪が塗れた状態でのブラッシング

・栄養の偏りやダイエット


思い当たることがある人も多いのではないでしょうか?

毎日の生活の中で、当たり前のようにやっている行為が髪を傷めている可能性があるのです!

パーマやカラーは髪を傷めるからなるべく避けている人でも、ここまでは気を使っていない可能性があります。

自分の生活を見直すことで髪の傷みを最小限に抑えましょう!


傷んだ髪を改善する方法


傷んだ髪は思い切って切るしかない!今まではそれが当然だと思われていましたが、最近は色々なケア用品開発され、元通りまでならないまでも、かなり傷みを改善することができるようになったそうです。

その方法とはどのようなものでしょう?


やはり髪は死んだ細胞なので、それ以上になることはないそうです。

つまり、一度傷んだ部分が自力で再生したり、修復することはないのです。

しかし、傷んだ髪に有効な成分を補い、見た目を改善したかのように見せることは可能で、その技術は進歩しているのです。


髪の傷みにはたんぱく質が不可欠です。

そのたんぱく質を補いバランスを整えるために、アミノ酸が有効だと言われています。

それに着目したヘアパックやトリートメントが受けられる美容室も多くなり、かなり傷みが激しく何とかしたい人は、定期的に受けると良いかもしれません。

89da802643da991513dba8baaade8982_s.jpg
また、毎日のヘアケアでもこのアミノ酸が含まれるシャンプーやリンス、トリートメントを使うことで、傷みが徐々に気にならなくなります。

最近は、このような傷んだ髪に働きかけるタイプのケア用品が開発されているので、もっと効果的なものが出てくると言われています。

とは言っても、完璧に改善することは決してできないので、これ以上傷まないように予防することも大切なのです。

nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0