So-net無料ブログ作成

自分に合ったシャンプーの選び方 [ヘアケア]

DSC_0271.JPG

きれいな髪のモデルさんが宣伝するシャンプーを使うと、自分も同じようになれるような気がしませんか?

本当は、そのシャンプーを実際に使っているわけではなく、きれいな髪に見えるように色々な技法を使っているのです。

それが分かっていても、やはり惹かれてしまので不思議です。


今使っているシャンプーが自分に合っていると感じている人はどれくらいいるでしょう?

その成分や効果、頭皮や髪にどのような影響があるのか考えることなく、先ほどのように好きな女優やモデルさんがCMに出てると言う理由だけで選んでいるかもしれません。

若いころは、どのようシャンプーを使ってもそれほど違いが出なくても、年齢と共にシャンプー選びの大切さや実感することになります。


間違ったシャンプーを使うと、毛穴が詰まったり、皮脂が過剰に分泌されるなど様々な頭皮トラブルが起こる可能性があります。

シャンプーによって、ボリュームが出たり出なかったり、べたついたりサラサラになったり、髪の状態を左右する大切なものです。

もっと、自分が使うシャンプーに興味を持ち、本当に合ったものを選ぶようにしましょう。

そうすることによって、抜毛や薄毛を防ぐことができ、ボリュームのある若々しい髪をキープすることができるのです。


毎日シャンプーをした方が抜け毛が予防できる?



シャンプーの回数をなるべく減らした方が良いという専門家もいれば、毎日しっかりシャンプーをした方が良いと言う人もいます。

どちらも理由があるようですが、実際はどちらが正しいのでしょうか?


実は、毎日シャンプーした方が良い人もいれば、2日に1回で十分な人もいるのです。

それは、人それぞれ頭皮環境が異なり、肌と同じで乾燥する人もいれば皮脂が多い人もいるからです。

頭皮の乾燥が激しい人が毎日洗浄力の強いシャンプーでしっかり洗うと、どんどん乾燥が進行し頭皮環境が悪化してしまいます。

逆に、皮脂量が多い人が1日でも洗わないと、毛穴が詰まったり痒みが出てしまいます。


このように乾燥やベタつきが進行すると、頭皮環境が悪化し表皮のターンオーバーが乱れてしまうのです。

それによってヘアサイクルまでくるってしまい、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

ですから、常に頭皮に乾燥やべたつきがない健康的な状態に保つことが大切なのです。


毛穴の汚れや皮脂をすっきり洗い流すことで抜け毛が減る印象がありますが、それは皮脂の分泌量が多い人だけに当てはまる話です。

普通の人が皮脂を取り除くタイプのシャンプーを使い続けると、必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

自分の頭皮の状態に合っていないと、どんなに良いシャンプーでも効果は出ないどころか、逆に悪化させてしまうのです。


なぜ抜け毛予防にシャンプー選びが大切なのか


自分が使っているシャンプーが原因で抜け毛が悪化していると考えてことはあるでしょうか?

長年使っているシャンプーだから大丈夫、刺激が少ないから大丈夫と思っている人が多いはずです。

特に自分好みの洗い上がりや香りのシャンプーを長年使い続けている人は、今までなんのトラブルもなかったのだから大丈夫だと考えるのは当然です。


しかし、シャンプーが直接の原因ではなくても、生活習慣や食生活、ストレスやホルモンバランスの乱れによって頭皮環境が悪化しいる場合は、今使っているものが合わない可能性があります。

頭皮は健康な時は調子が良くても、悪化していることに気づかずに使い続けるのは危険です。

皮脂バランスや頭皮の環境に合ったシャンプーを使わないと、抜け毛が薄毛が進行してしまうかもしれません。

薄毛の進行度合いはシャンプー時に大体わかります。こちらもご覧ください=http://www.nukege.click/

一般的なシャンプーにはシリコンが含まれています。

これが髪の艶や指通りの良さを作る成分ですが、化学合成されているため、髪と頭皮には決して良いものではありません。

シリコンを含むシャンプーを長年使い続けることで、毛穴に蓋を作ってしまいます。

それによって毛根に十分な栄養が届かず抜け毛が進行してしまのです。

シャンプーそのものが抜け毛の原因になっている可能性も十分に考えられるので、ノンシリコン、無添加、アミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめします。
タグ:シャンプー
nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0