So-net無料ブログ作成

白髪染めトリートメントは本当に染まらない? [白髪染め]

今回は白髪染めのお話です。

中でも賛否両論ある白髪染めトリートメントについて。


白髪を染める際に使用する一般的な白髪染めは、永久着色剤と呼ばれ一度染めた部分は元に戻りません。

とは言っても時間の経過とともに最初はきれいだった色があせるため、染めたままのきれいな色を保つことができないのです。


永久着色剤は、手軽で安いため多くの人が使っていますが、頻繁に使用することで頭皮や髪の健康に悪影響が出てしまいます。

ですから、その悩みを解決できるトリートメントタイプの白髪染めを選ぶ人が急増しています。

最近では、ネット通販を中心に様々な種類の白髪染めトリートメントがあり、どれを選んだら良いのか分からなくなるほどです。


しかし、この白髪染めトリートメントに対するイメージは「染まらない」「高い」というものが多く、頭皮と髪には良くてもきちんと染まらないのでは・・と思っている人がほとんどかもしれません。

確かに、ドラッグストアやスーパーで売られている1000円程度の白髪染めトリートメントで染めても、全く染まらないかほんの少し染まった程度の効果しかありません。

安いものにはそれなりの効果しかないのは仕方がないのです。


最近人気のPOLAのグローイングショットカラートリートメントなどは、白髪染めトリートメントでもかなりしっかり色が入るものが多く、信頼できる商品を選ぶことが大切だと分かります。

polaグローイングショット


このように、白髪染めトリートメントは全て染まらないのではなく、なかには染まりにくいものもあると言うことなのです。


染まらない原因



それでは、白髪染めトリートメントのなかには染まらないものがあるのはなぜでしょう?

元々しっかり染まらないものなのでしょうか・・・

染まるものと染まりにくいものを比べると、成分に違いがあります。

しっかり染まるトリートメントにはその製品、メーカー独自の特徴があり、白髪にしっかり色がつく成分が含まれているのです。


例えば、POLAのグローイングショットカラートリートメントには、大きさの異なる2種類のカラー成分が配合されています。

浸透型のカラー成分が毛髪の内部に入り込み鮮やかに発色し、吸着型のカラー成分が毛髪の表面をコーティングしてくれることで、重ねるたびに色が深く入っていくのです。


このような優秀なカラー成分を配合しているのかを調べてみると、本当にしっかり染まる白髪染めトリートメントを選ぶことができるはずです。

ポーラグローイングショットの詳細は=http://www.hairdye-treatment.net/pola-growing-shot.html

また、白髪染めトリートメントは永久染色剤ととは違い、一回の使用でしっかり染まるものではありません。

使うたびに少しずつ色が入るのがトリートメントの特徴で、良さでもあるのです。

ですから、初めて使用して「染まらない!」と諦めるのではなく、1週間使い続けてください。

その後は間隔をあけて使用できますが、最初は頻繁に染めることで早く色が入ります。


しっかり染めるためには?



白髪染めトリートメントの効果を最大限に発揮させるためには、どのような方法で染めたら良いのでしょうか?

商品によって放置時間が違いますが、最初はそれよりも少し長めがしっかり染めるコツなのです。

一回の使用ではさほど色が入っていないと感じますが、最初はなるべく連日使用し色が入ったら間隔をあけるようにすると、常にきれいな髪色をキープすることができます。


また、トリートメントはたっぷり塗ることが大切で、ヘアキャップをかぶり浴槽に浸かることで、蒸気の効果で色が入りやすくなります。

ついケチってしまいがちですが、染色成分が足りないと何度染めても色が少ししか入らないのです。


白髪染めトリートメントを洗い流した後は、絶対にシャンプーをしてはいけません。

色が残るからとシャンプーを使ってしまうと、せっかくの成分が取れてしまうので、トリートメント後は色が出なくなるまでしっかりお湯ですすぐだけにしましょう。

ヘナやヘアマニュキュアを使用してると、染まりにくいのでトリートメントとの併用はできません。


このように、白髪染めトリートメントもちょっとしたコツを知るだけで、その染まり具合がグンとアップするので覚えておきましょう!


nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0